VMwarePlayerでCentOS6を動かす 1
トップページ> "> 仮想化 "> VMware

VMwarePlayerでCentOS6を動かす 1

 WindowsXPにVMwarePlayerをインストールし、その上でCentOS6を動かすときに必要になる手順をまとめてみたい。

  1. VMwareインストール
  2. CentOS6インストールイメージのダウンロード
  3. VMwareで仮想マシンを作る&CentOS6の簡易インストール
  4. 日本語化設定
    1. 日本語表示設定
    2. 日本語キーボード設定
  5. ネットワーク設定
    1. デフォルトのNAT設定から、ブリッジ設定に変更する。

VMware Playerインストール

 VMware Playerは、Windows上でCentOSなどを動かすための「仮想化ソフトウェア」というものだ。多機能な製品版は有料だが、VMWare Playerという必要最低限の機能を持つソフトを無償でダウンロード&使用することが出来る。

ダウンロードの方法

VMWare公式サイト(http://www.vmware.com/jp/)を開き、製品→無償の製品から、VMWare Playerをダウンロード。 

 なお、ダウンロードにはVMWareサイトのアカウント作成が必要だ。

 上部のメニューから、「製品」→「無償の製品」→「VMware Player」を選択

 VMware Playerのページが開くので、「ダウンロード」をクリックしてインストーラをダウンロードする。

 

 

 インストールは、とりあえず「次へ」などを連打していけばとりあえずオッケー。

CentOS6インストールイメージのダウンロード

 CentOSの公式ページを開き、サイト上部の「Downloads」→「Mirrors」を選択

 CnetOS公式サイト→http://www.centos.org

 

 「CentOS Download Information」から、「CentOS Public Mirror List」(CentOS公式ミラーサイトリスト)をクリック

 

 ミラーサイトのカテゴリが地域ごとに表示されるので「South American, Asian, Oceania, Middle Eastern, African and Other Regional」をクリック

 ここに日本を含むアジアのミラーサイトが含まれている。

 

 画面を下の方にスクロールさせ、「Country(Region)」のところに「Japan」と表示されているものを探す。

 画面右のほうにある「HTTP」をクリック

 環境によってはFTPでもOK。ファイアウォール等に守られたネットワークからダウンロードする際は、HTTPを選ぶのが無難だと思う。

 

 

 ダウンロードによって多少表示が異なるが、ディレクトリの階層構造が表示される。isosというのは、CDイメージというか、DVDイメージの「iso」の複数形だ。そして、ちなみにこのディレクトリ、32ビット版OS用だ。64ビットの場合は、6.2/isos/x86_64/を選ぼう。

 たくさんありすぎてワケがわからないと思うが、赤枠のぶ分だけざっと説明しておこう。

  1. CentOS-6.2-i386-LiveCD.iso  CDに書き込めるサイズのインストール用イメージ(iso)。必要データはインターネットからダウンロードする。
  2. CentOS-6.2-i386-LiveDVD.iso DVDに書き込めるサイズのインストール用イメージ(iso)。必要データはインターネットからダウンロードする。
  3. CentOS-6.2.i386-bin-DVD1.iso DVDに書き込めるサイズのインストールようイメージ(iso)。ディスクその1
  4. CentOS-6.2.i386-bin-DVD2.iso DVDに書き込めるサイズのインストールようイメージ(iso)。ディスクその2

 んー、とりあえずどれ使えばいいかわかんない、という人は3.と4.をダウンロードしておこう。

 まあ、そんな感じ。ちょっと長くなってきたので、いったんここで休憩することにして、今回の覚書を終わる。

  はてなブックマーク - VMwarePlayerでCentOS6を動かす 1  この記事にTwitterでつぶやく このページをはてなブックマーク


nenshu.png
予測年収600万円以下なら会社にしがみつけ?だと?


次のVMwarePlayerでCentOS6を動かす 2へ
トップページ> "> 仮想化 "> VMware もくじ