GoogleAppEngineのSDKでデバッグメッセージをコンソールに出す
トップページ> "> Webサービス "> GoogleAppEngine

GoogleAppEngineのSDKでデバッグメッセージをコンソールに出す

 GoogleAppEngineのSDKのLog Consoleにデバッグメッセージを出力する例。

 以下のように「logging.debug()」を使えばOK。

import logging

logging.debug('debug message')

 ただし、デフォルトでは「debug」メッセージは表示されないので、Application SettingsでLaunch Settingsに「-d」を指定しておこう。 なお、このオプションは


▲Edit→Application Settings

 なお、アプリケーションを「Run」で実行中のときは上記オプションは変更できない(Cannot change properties while running, operation cancelled.とメッセージが出る)ので、いったん「Stop」で停止してから変更しよう。


▲いったんアプリケーションを止める

 これで当初の目的は達成できたはずなのだが、不要なdebugメッセージがわんさか出てきてしまって、ものすごく見にくい。

 結局、上記の-dオプションは指定しないで、メッセージ出力を以下のように「INFO」レベルで指定することにした。

logging.info('debug ...!')


▲logging.info()で指定した文字列がLog Consoleに表示された例

 

 

  はてなブックマーク - GoogleAppEngineのSDKでデバッグメッセージをコンソールに出す  この記事にTwitterでつぶやく このページをはてなブックマーク


nenshu.png
予測年収600万円以下なら会社にしがみつけ?だと?


次のGoogleAppEngine用のPythonスクリプトのエンコーディング記述でハマるへ
トップページ> "> Webサービス "> GoogleAppEngine もくじ